Menu

自動車整備士.com

サイト内検索 help

Ads by Google


オートマティック・トランスミッション 1レンジ

前進4段の電子制御式A/Tにおいて,図に示す1レンジ第1速の走行状態から、アクセル・ペダルを離して減速したときの動力伝達作動に関する次の文章の(   )に当てはまるものとして、下の組み合わせのうち適切なものはどれか。

(イ)とオーバラン・クラッチにより(ロ)が常時固定になっているので、減速時は常にエンジン・ブレーキが作用する。

前進4段の電子制御式A/T

(イ) (ロ)
ロー・リバース・ブレーキ リヤ・インターナル・ギヤ
ロー・リバース・ブレーキ リヤ・プラネタリ・キャリヤ
ロー・ワンウェイ・クラッチ リヤ・インターナル・ギヤ
ロー・ワンウェイ・クラッチ リヤ・プラネタリ・キャリヤ




Ads by Google



解説

選択肢(1)が適切です。

イ:ロー・リバース・ブレーキ)とオーバラン・クラッチにより(ロ:リヤ・インターナル・ギヤ)が常時固定になっているので,減速時は常にエンジン・ブレーキが作用する。

この問題はDレンジ第1速と1レンジ第1速を勘違いしないことです。


この二つの違いは、エンジンブレーキが作動するかしないかです。


出題者もこの点が理解しているかを問いたいのでしょう。


ポイントは、ロー・リバース・ブレーキとオーバラン・クラッチによりリヤ・インターナル・ギヤが常時固定になっているので、減速時には常にエンジン・ブレーキが働きます。


パワー・トレインのブロック線図を描くと下のようになります。

パワー・トレインのブロック線図

参考

 

ATリバースクラッチ


Ads by Google

Advertisements






【自動車整備士.com 関連コンテンツ(一部広告含む)】



Advertisements




Ads by Amazon           

Copyright (C) Since 2003 自動車整備士.com All Rights Reserved.

自動車整備士.com



Today  Yesterday  Total